現場で役立つスキル

授業

アウトプットできる能力

TOEIC対策と聞くと、資格試験の勉強というイメージが強くなるが、本来TOEICを受験する目的は、英語のスキルを身に付けることである。仕事や生活の中で英語を使用するためにTOEIC対策の学習を活用することに意味がある。もちろん、中学生や高校生のような学生であれば、進学する際の必須事項になっていたり、高得点を保有することにより、進学を有利にすることができるなどの面は大きい。しかし、そこで終わるのではなく、その先にある仕事というものに対して使用することが第一目的であることを忘れてはならない。グローバル化が進む現代社会に置いて、交渉相手や、取引をする相手が外国人であるということは、大手企業への就職を望んでいる人にとっては避けては通れない事実である。または、個人での起業を目指している人にとっても、英語のスキルが高いという事は、非常に大きなアドバンテージになる。自分の仕事の幅の拡大や、出世のためにTOEIC対策を利用し、英語のスキルを高めることが重要である。TOEIC対策を利用して得た英語の知識をアウトプットできるようレベルになれば、自信につながり、他の仕事にも好影響をもたらす。他の人から一目置かれるような存在にもなれる。英語を苦手とする人は多く、勉強を始めるには、非常にハードルが高いのが現実だが、自分の評価が上がり、充実度の高い人生を思い描きながら、英語を学習することによりモチベーションを維持しつつスキルを磨くのが理想的な学習である。